2011年 01月 09日
ハンスンジャハルモ二ソンカルグッスチッ@南大門市場
d0113853_22451651.jpg
Popeyesで朝ごはんを食べた後は、忠武路駅周辺をぶらぶらし、再び南大門に戻ってきました。
ふと気がつけばお昼。集合時刻までもう少し時間があるので、南大門で、今回のソウル旅行最後の食事を昼食として いただきましょう♪

毎回お腹を満たしてくれるマンドゥ屋「カメコルイェンナルソン」の前に、気になる店を見つけました。店頭に、ステンレスのお椀を山のように積み上げている食堂。
早速入ってみました(^^)

(最初は「カメコルイェンナルソン」の支店と思いきや、帰国後調べると全くの別の店と言う事が判明。店名は「ハンスンジャハルモ二ソンカルグッスチッ」)

お昼時だからか、お世辞にも広いと言えない店内は満員状態。所狭しと並んでいる小さなテーブルで多くのお客さんが食事をしています。
奥のテーブルに案内され、椅子に荷物を置いてメニューを見ます。
壁に掲げられているメニューには、2品だけ日本語が添えられているのですが、添えられてな料理ががこのお店の一番人気のようです。それが、

 カルグクス:4,000W

韓国風うどんのカルグクス。アッサリの味ながら、良いダシが出てちょいピリ辛。トウガラシが入っています!
少し柔らかめの麺はモッチモチで、いかにも手打ちと言う感じです。
見ての通り、具がたっぷり(^^)
アツアツのピリ辛スープとともに美味しく頂きました♪

そして、嬉しい事に、冷麺がサービスで付いて来たのです(^^)/


d0113853_22453341.jpg
日本語が添えられている2つの料理の内、1つを注文。

 むきめし(ビビンパ): 4,500W

むぎめし(麦飯)と書きたかったのでしょう(^^)
麦飯にナムルとサンチェにコチジャン、そしてモヤシがてんこ盛り。混ぜ混ぜして食べるので、ビビンパですね♪
粒粒感がシッカリ際立つような硬めに炊き上げたご飯なので、野菜に対して良い食感です。
モヤシのザクザク感が目立つので、テーブルに置いてあるキムチを混ぜて、少し辛くしていただくと良い感じです。
日本で食べるような豪華なビビンパではなく、庶民的ないわゆる家庭料理のようなビビンパに、とても満足です(^^)

ビビンパには、みそ汁のようなものが付いてきました♪


d0113853_2245441.jpg
カルグクスに付いてきた冷麺。
ここの食堂で出している冷麺のミニ版と言う感じで、おまけと言いつつ、ちゃんと茹で卵も付いていて、かなりお得な感じがします。
麺の上に乗っているコチジャン?は辛過ぎず、しかし程よい酸味で、さっぱり美味しく頂きました(^^)





d0113853_2246035.jpg
南大門の繁華街に面しているお店の前には、先ほど食べたカルグクスやビビンパを入れるための銀のお椀が、山のように積み上げられています。

これがパフォーマンスや客寄せのためではなく、お店で使われているというのに納得しました。

お客がいっぱいで、ちょっと急かされて食べた感があったので、今度はお昼時を避けて、落ち着いて食べてみたいです。



2011.8.9 追記
どうやら、最近値上がりしたらしく、6月に行った人のレポートだと、それぞれ 500Wずつ値上がっているようです・・・
ま、お得には違いないのですがね。
[PR]

by cymb_gutti | 2011-01-09 12:12 | ご当地グルメ


<< 初マレーシア!~0日目:エアアジア      Popeyes@ソウル市中区 >>