2011年 01月 08日
ジャジャン麺@明華苑
寒さを吹き飛ばすアツアツの鍋を堪能した後は、日本から持ってきたスマフォを充電すべく、ロッテホテルのHIS支店に向かうのですが、そこで迎え討たれた「ランチタイム中」の張り紙に負けもせず、免税店もあるロッテホテルで時間をつぶし・・・ロッテホテルに滞在してると思われる中村玉緒一家と遭遇したり、韓流スターたちの手形を眺めたり・・・HISで充電をお願いした後は、軽い夕飯を食べようと、地下鉄に乗り「三角地」で降ります。


d0113853_14365741.jpg
ソウルで美味しいものを食べようと、ネットで色々調べたところ、日本(関東?)ではあまり食べないけど韓国(ソウル?)では非常にポピュラーな料理の存在を知ったのです。
それを食べるべく、ここ「三角地」の近くにある「明華苑」を目指したのですが、、、すぐわかりましたよ・・・だって、この雪と風が吹く極寒の中、列が出来てるんですよ~(>_<)
寒さに震えながら待つ事1時間!(汗)。ようやく案内されたそんなに広くない店内は、家族連れやカップルでぎうぎう。空いたテーブルに座って、お目当ての一品を頼みます。

 ジャジャン麺:4,000W

いかにも濃そうな味付けのタレ?味噌?がゴテッと乗っていますが、思ったほど濃くありません。日本にあまりない味なので説明が難しいのですが、テンメンジャンの奥深い味わいの中に、薄味のしょうゆのような味噌だれに、粗みじんのひき肉が入っています。
太麺の冷麺で使われているようなコシのある麺は、意外とつるつるしていて味噌だれに絡みにくく(汗)、よくかき混ぜて食べないと、味噌ダレばかりが余ってしまいそうです。

個人的には、今まで食べてきた辛い韓国料理に比べてパンチが弱い感じがしましたが、何とも落ち着く味に思えます。辛いばかりが韓国料理では無い!と言う事でしょうか(^^)


d0113853_14371581.jpg
大勢のお客で混み合う店内。そんな周りのテーブルで、ほぼ100%注文されていた料理がありました。それは「酢豚」。
何で酢豚・・・ここはジャジャン麺が有名なはずでは・・・と思うのですが、まだトッポキ鍋がお腹に残ってるし、ここの酢豚に関しては、美味しいという評判は無かったように思えたのですが、ジャジャン麺だけではちょっと気まずいような気がするのも事実。と言う訳で、これ。

 揚げ餃子:4,500W

カリカリに揚がった餃子。
柔らかいジャジャン麺に対して、硬さが良いアクセントです(^^)
具の味もしっかりしていて、これはウマい一品でした!


d0113853_14372619.jpg
料理注文後に最初に運ばれてきたのが、タクアン・玉ねぎ・味噌?。
味が単調なジャジャン麺には良いアクセントになったタクアンと玉ねぎ。
しかし、生の玉ねぎを出す習慣は日本には無いだけに、どう扱って良いのか戸惑ってしまいます。
漬物代わりに食べるんですよね???(^_^;)





d0113853_14373643.jpg
氷点下の下、店外に30人くらい、店頭に設置されたテント(風よけ)内に7~8人くらいの人が並ぶ、大人気店。
しかも、外国人観光客は誰一人いませんでした。
こういう、地元の人が多いお店って、美味しいからこそ混むんですよね。
良いお店を見つけました(^^)
[PR]

by cymb_gutti | 2011-01-08 15:41 | ご当地グルメ


<< 冬のソウル第2章-3日目:広蔵...      新堂洞トッポキ@アイラブ シン... >>