2011年 01月 06日
冬のソウル第2章-1日目:HOTEL PALACE
d0113853_23485988.jpg
仁川国際空港で乗りこんだ送迎用のバンの中では、ガイドの趙さんが、今回のツアー参加者(グループごと)に対して、「韓国は何回目ですか~?」「どこに行きたいですか~」とたずねてきます。
ここで、「○○○に行ってみたいんです」と答えるものなら、すぐさま、携帯電話を取り出しながら、「じゃぁ日にちと時間を決めましょう」と商談が始ります(^^;;)

「今回は、トッポギ鍋を楽しみにしている」と答えても、「韓国に来る日本人が一番ガッカリするのは、トッポギです」と答える始末。う~ん、どうやら、B級グルメを愛する僕には、合わないガイドさんなのかもしれません。
ツアーの商談が進まないと分かると、途端にアッサリの対応になってしまう何とも分かりやすいガイドさんだったので、一応、お勧めの焼肉屋さんの名刺をもらっておきました(^_^;)


気温マイナス10度は、海沿いの仁川空港周辺だけかと思いきや、ソウル市内までの街並みも、これまた寒そう。
川は凍ってはいませんでしたが、あちこちに一部凍結した路面があります。
前回の初韓国も冬の12月。その時に、寒さよりも頭痛が辛かったので、今回は防寒対策はしっかりしてきましたが・・・はたして、マイナス10度の世界はどうなんでしょう。


そんなこんなで、仁川空港から1時間ほどで南大門近くの今回の宿「HOTEL PALACE」に到着しました。
ネットでは、安価の割に評判が良く(ごく一部、悪い評判もありましたが)、特に場所が良いとの事だったので、少しだけ期待したホテルでもあります。
日本からのツアーが多いのか、日本語が見えますね(^^)



d0113853_23495229.jpgホテル前から少し下りながら延びている細い路を歩くと、すぐに大きな通りにぶつかります。

その大通りの向こうは、南大門の市場の入口。わずか歩いて1分で、南大門市場にたどり着きます。これは便利です(^^)



d0113853_2349743.jpg
レセプションでガイドの趙さんがチェックインを済ませてくれます。
ホテルのスタッフは日本語が通じ、その上とても感じが良いです。
ルームキー受け取り、部屋に向かいます。

部屋は意外と広く、オンドル構造なのか、床はきれいにワックスが掛かっています。日当たりも良く、良い感じですね(^^)

そして、部屋の中は暖かく、寒さに凍えた体をじんわり解凍してくれますが、最初はホッと安心する暖かさでしたが、だんだんと熱くなってきます(^_^;)

この寒く冷たい外に対して、とても暖かい室内こそが冬のソウルの楽しみ・醍醐味でもあるんだなぁと、嬉しく思うのでした。


d0113853_23493141.jpg
バス・トイレも、まぁ綺麗で、使い勝手は悪くなさそうです。
もう少し徹底的に床掃除をお願いしたいな、という感想でしたが、こんなもんでしょう。

トイレに便座カバーは勿論ないので、座った瞬間に「ひえっ!」とならないように、日本から持ってきた100均の便座カバーを装着しまう。
うん、これで安心して使えます(^^)



[PR]

by cymb_gutti | 2011-01-06 13:28 |


<< 冬のソウル第2章-1日目:南大...      冬のソウル第2章-1日目:到着... >>